MENU

外用薬

ニキビの治療などで皮膚科で受診した時に
ステロイドを処方されたことはありませんか?

 

皮膚科で処方されているんだから大丈夫でしょ?
とは思いますが、
ステロイドのイメージからは強いお薬なような気がして…

 

本当に使っても大丈夫?悪化したりしない?
と不安に思ったので、
ニキビにステロイドを使っても大丈夫なのか調べてみました。

 

よく目にするのはステロイド軟膏ですよね。
ステロイドの効果としては、血管を収縮させることで、
皮膚の炎症を抑えることがあげられます。

 

ステロイドはわたしたちの体の中にある
副腎の外側でつくられるホルモンのことです。

 

副腎皮質ホルモンともいわれていますが、
このホルモンには炎症を鎮めるだけでなく、
免疫を抑制する作用があるため、
アトピーなどの治療にも使われています。

 

そこで赤く腫れあがってしまったニキビの治療にも
使われることがあるのですが、
このステロイドを使った場合、
誰にでも効果が出る!といったものではないようです。

 

また、酷くなってしまったニキビを鎮静化する作用はありますが、
赤く残ってしまった跡などには効果がありません。

 

たしかにニキビにステロイドを使うことで、
炎症は早く抑えられるようですが、
ステイロイドはアクネ菌を増やしてしまう!という説もあります。

 

ステイロイドを使用することで皮膚が黒っぽくなってしまったり、
赤みがあらわれてしまったり、
皮膚が薄くなってしまい、血管が目立つようになってしまう・・
などの副作用も報告されています。

 

ステロイドを使う場合は、
自己判断でさまざまな箇所に塗ったりしない、
塗る回数は必ず守る、といったことが必要になります。

 

また、繰り返しできてしまう大人ニキビは
体内の改善が一番の予防方法になりますので、
生活習慣や食生活を見直すなど、
根本的なところから改善していくことで、
キレイな肌に生まれ変わることが大切だと思います。

 

 

ニキビを治すための食べ物は?<TOPページ>